SHO-NAN-LIFE > レポート > 海辺に住むなら「塩害」の知識も必要

海辺に住むなら「塩害」の知識も必要

金属がさびやすい

湘南という場所は、その殆どの場所が「海」に面しています。
この海が魅力であるエリアであると同時に、海によって発生するデメリットが存在している、ということについても知っておかなければなりません。
ここではそんな海によるデメリットの1つである「塩害」について紹介します。

海が真水であれば良いのですが、実際には海は塩水であり、当然ながら潮風に乗って塩分が飛散することになります。
この水中に含まれている塩分が、住宅に対して問題を及ぼすことがあります。
それでは、潮による被害としてはどのようなものが考えられるのでしょうか、実際に発生する被害を元にして紹介します。

まずは「サビ」についてです。
塩分が含まれている水分が金属に付着することによって、腐食を起こしてサビが発生してしまいます。
海沿いでなくともこういった現象が起こることはよくありますが、潮風の届く場所ではさらに錆びやすくなってしまうことに注意しなければなりません。
しばらく使っていないと、車や自転車なども簡単に錆びてしまいます。

さらに気をつけたいのが「住宅」の金属部分についてです。
海風の届く場所ではサイディングとして金属を利用するべきではなく、石膏ボードやその他の素材など、「サビ」に強い建材を利用することを考えておく必要があります。
また、ポストやドアなどの鍵部分も錆びてしまうことが良くあり、これらの場所が錆びてしまうと回らなくなってしまうため注意する必要があります。

そのため、これらのエリアにおいては通常のエリアに比べて「リフォーム」を行うまでの周期が短くなる傾向があります。
住宅購入時にはリフォーム費用についても計算に入れつつ、予算を考えるようにしなければなりません。

サビ以外の塩害

塩害によって発生する問題は、金属のサビだけではありません。
これ以外にも発生しやすい被害として「ガラス」の痛みがあります。
窓ガラスのような部分には日常的に潮風が吹き付けていることになり、潮によってだんだんと白く濁ってきてしまいます。
定期的に掃除をしておかなければ、すぐにすりガラスのような状態となってしまうことも有るため、メンテナンスがあまりできない、という場合には海から少々離れた場所に住宅を設けた方が良いでしょう。

さらに、海沿いにおいて飛んで来るのは潮風だけではありません。
塩害とはまた違うものの、砂浜の砂が飛来することについても考慮しておく必要があります。
雨樋などに砂が溜まってしまって排出が上手くできなくなる、などの被害が発生する可能性も有るため、これらの場所についても定期的なメンテナンスが欠かせません。

また、これらの問題は「中古住宅」購入時にはすでに発生している可能性があります。
このエリアで中古住宅購入したいという場合には塩害による影響が及んでいないかどうかを十分確認しておくようにしましょう。
外部からでは見えにくい部分が多いため、中古住宅であっても「瑕疵保障」のある住宅を選んだ方が安心して利用することができます。

You may also enjoy...